ダイエットを効率的にする飲みもの

ダイエットというと食事にばかり気を使ってしまいがちですが、実は飲み物にも気をつけたいもの。炭酸飲料水や砂糖たっぷりのコーヒーや紅茶…これらはダイエット中には避けたいものとして代表的なドリンクとなっています。また、アルコールも控えたほうがいいといわれていますね。

でも、ダイエット中に飲んでいいもの避けたほうがいいもの…その線引きはカロリーだけで安易に決めてはいけないのです。中には多少カロリーが高くても栄養がたっぷりと含まれており体にはとてもよいもの、また腹持ちが良くて空腹感を紛らわせてくれるものなどもあるのです。酵素ドリンク ダイエットや置き換えダイエットなどがそれにあたりますね。一時、ブームにまでなった有名なドリンクです。

水分補給として欠かせないものですが、実はダイエットにも驚きの作用があるドリンクの数々…。飲むタイミングや温度といったちょっとしたポイントに気を付けることで、さらに有効なものとしていくことができます。それぞれのドリンクの特徴を抑えて、上手に飲み分けていきたいですね。

ミネラルウォーターは基本の飲み物

生命維持活動を行う上で絶対的に必要となるのが、ミネラルウォ―ターです。飲み物の中でも基本的なものであり、水分補給は健康や美容にも良いものとなります。

しかも、ミネラルウォーターに溶け込んでいるミネラルを摂取することで新陳代謝が向上するといったメリットもあります。他にも老廃物をスムーズに排出する効果がありますから、血液をサラサラにして体内のデトックスをおこないます。腸内環境もきれいに掃除されますので、便秘や下痢といった症状も改善されていくでしょう。まさにいいことづくめの飲み物…といえます。

ただ、その飲み方にも注意が必要。暑い夏の日などはついつい冷たくして飲んでしまいがちですが、これは体を冷やしてしまうので逆効果となります。できれば常温からぬるま湯ぐらいで飲むのがいいですね。
そして、1日の摂取量は1.5〜2リットルを目安とします。人の体はそこまで大量にミネラルを吸収することはできませんので、一度に飲んでも意味がありません。少しずつ飲むようにするといいでしょう。

ダイエットのためにも上手に飲んでいきたいミネラルウォーター。いくら良いとはいえ、むやみやたらとがぶ飲みしていると、水中毒やむくみといったトラブルをおこすこともあります。
また、体が必要以上に冷えてしまい、代謝機能にまで影響がでることも懸念されますので、適度の摂取量にしておきたいもの。発汗量や運動量などによって個々が必要とする水分量は異なりますので、無理して飲むのは止めるようにしましょう。